ドラム式洗濯機 引越し

ドラム式洗濯機の引越しを簡単に安くする方法

ドラム式 洗濯機 引っ越し

ドラム式洗濯機 運搬

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 運送

ドラム式洗濯機 引越し

 

最近人気のドラム式洗濯乾燥機。
でも、引越しの時はちょっと困った存在になりますね。

 

そう、大きくて重い上に従来の洗濯機よりも設置が面倒なのです。
新居が近所でも、ドラム式洗濯機を運ぶのは引越し業者に依頼しましょう。

 

引越し費用を抑えたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

運んでほしい荷物の量や、物件の階数、エレベーターの有無などの情報を1回入力するだけで、お住いの地域にある引越し業者からの見積もりを取ることができます。

 

ドラム式洗濯機のような大きな家財だけ運んでほしいという依頼受けてくれます。

 

引越し費用を安くするには、やはりいくつかの業者を比較する必要があります。

 

引越し業者一括見積もりなら、簡単に相場や最安値を知ることができます。

 

 

 

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加


ホームズ引越し

不動産情報で有名なHOMES
・あなたに合った業者がみつかる

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる

たくさん見積を取るとさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し繁忙期

 

3月は引越し業者の繁忙期です。綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までです。

 

どうして3月が引越し業者の繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中してしまうからです。
大学受験を終えた新大学生や就職活動が終わった新社会人は、新学期から新しい環境に飛び込みます。
その準備のために3月に一斉に引越しをするわけです。

 

そして日本の企業は全国展開のところが多いので、春と秋に大規模な人事異動があります。
その春の人事異動がちょうど4月の新学期をスタートとするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが沢山移動します。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

引越し業者もスタッフを増員したりするのですが、日によっては断らざるえないことも。
そういう日は予約を受け入れてもらえないことが本当にあります。
繁忙期の引越し準備は、通常期よりも早めに行ってくださいね。

 

そんなわけですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのです。

 

 

引越し安くする条件の見直し

 

引越し 安く

 

繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いです。
しかし通常期でも土日祝日、午前中、大安は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。

 

なぜ人気のある日は引越し料金が高くなるのかというと、割引しづらいからです。
平日の午後は引越し件数が少ないので、引越し業者は割引をして予約してもらう努力をします。
だから引越し費用が安くなるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がないという方にオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか案外わからないものです。
レンタカーは貸出作業、荷物の運び入れ、運転、荷物の運びだし、ガソリンの補充、レンタカーの返却をすべて自分で行う必要があるので大変なのです。

 

さて長距離の引っ越しにはお金がとにかくかかります。
距離にもよりますが、長距離であれば数十万円かかっても全くおかしくありません。
ですから一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用することで費用が安くなるのでオススメです。
ファミリーなら早めに一括見積もりをして一番安い業者と契約しましょう。

 

引越しの条件を見直して、安い日を探してみませんか?

 

 

レンタカーで洗濯機を運ぶ

 

引越し レンタカー

 

費用を安くするために、トラックのレンタカーでドラム式洗濯機の引越しをすることもちょっと考えますね。
レンタカーでの引越しの条件は@距離が近いこと A手伝ってくれる人がいることなどがあります。

 

普通免許で借りることのできるトラックは2t以下のトラックです。
1tと1.5tと軽トラックがあります。
しかし普通の人はトラックなんて扱いませんから、運転に自信がない方は軽トラックがオススメです。
他に運ぶ荷物の量によって大きさを決めましょう。

 

トラックのレンタル料はだいたいどれも1日7000〜10000円くらいです。
最後にガソリンを満タンにしてレシートを提示しなければなりませんので、使用した分のガソリン代もかかります。

 

これだけであれば安く引越しできると言えますね。

 

しかし実際は1人で引越し作業をするには、かなり荷物が少ないか大きい物や重いものがない場合でないとできません。
荷物を運ぶのを手伝ってくれる人が必要で、謝礼も用意しましょう。

 

ドラム式洗濯機は運ぶために背部の部品が必要ですし、大きくて重いので1人では荷台に積み込めません。

 

レンタカーで運ぶ場合の問題点は「新居までの距離」です。
遠距離引越しだと運転が大変な上に費用ももしかしたら引越し業者や宅配業者の家財便の方が安いかもしれません。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しのあいさつは、引越し前か引越し当日に行くのが一般的です。
当日が無理なら、遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜか当日なのかと言いますと、引越しのときに駐車場や道路に引越しトラックを停めたり、ドタドタと引越し業者のスタッフの足音がしますから、「引越しさ御うちゅにご迷惑をおかけくてすみません」という意味合いもあるのです。

 

だから挨拶に行くのが引越し日でないと誠意が感じにくいのです。

 

そしてもうひとつは、後になるほど挨拶に行くのが面倒になるからです。
初対面の方に挨拶するのが得意という方は少ないと思います。緊張するのが当然です。

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。

 

もちろん手ぶらで行く方もいますが、やはり初対面ですから熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすくでオススメです。

 

高級な粗品である必要は全くありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。

 

 

引越しと周波数

 

引越し 周波数

 

コンセントを挿せば使える家電ですが、実は日本では電源周波数が2種類存在するのを知っていますか?

 

実は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

 

なぜこんなにややこしいことになったのかと言うと、明治の頃に東日本ではドイツ製、西日本ではアメリカ製の発電機を輸入したためであり、それが今でも統一されていないからなのだそうです。驚きですね。

 

電源周波数が2種類あるのは、中学校の物理の授業で習ったことがあるかもしれませんね。
しかし普段だと特に不便を感じることもなく、なかなか実感が沸かないことですね。

 

ただし引越しなどでこの境界線を超えると、困った事が起こる場合もあります。
実は家電には@そのまま使える家電 Aそのまま使えるが性能が変わる家電 Bそのまま使えない家電の3種類があるのをご存知ですか?

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

しかし最近の家電の回路はインバーター化されているものも。
インバーターとはモータの電源周波数を自在に変えることでモータの回転数を制御する装置のことです。

 

これにより50Hz・60Hz共用タイプ、いわゆるヘルツフリーの家電となり電源周波数に関係なく使用できるのです。

 

電源周波数がいくつで設定された家電なのかは、取扱い説明書で確認してください。

 

 

 

 

学習机 引越し クレーン 引越し 介護ベッド 引越し ドラム式洗濯機 配送 2段ベッド 配送